読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Spare Time Studio

刀剣・刀装具を中心とした高精細画像と『美』にまつわる話を綴る”空閑工作室”

刀剣の撮像【1】

刀剣専用のスキャナは私の知る限りこれまでに2機種開発・販売されています。ラインスキャナでの撮像はカメラでの撮影と違い、光を刀身に均等に当てることができますので、切先から中心尻まで鮮明で高精細な画像を得ることができます。しかしながら前述の専用スキャナは非常に高価で、個人ではなかなか手が出ません。

そこで市販のフラットベッド・スキャナを工夫して使うことになるのですが、長尺の刀剣は一度で撮像できないため、カットを分けて後に画像加工で繋ぎ合わせます。ここで重要なポイントは、

  1. 刀剣を傷つけない
  2. 確実に平行に移動させる
  3. ガラス面より同じ高さを保つ

上記以外にも撮像範囲および被写界深度の狭いフラットベッド・スキャナではクリアしなければならない問題が多く、あまり簡単ではなさそうです。

(c) Spare Time Studio, All Rights Reserved.