読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Spare Time Studio

刀剣・刀装具を中心とした高精細画像と『美』にまつわる話を綴る”空閑工作室”

美術工芸品の撮像【1】《蒔絵と螺鈿》(再考)

 

暑さのせいか、作文ができなくて困っています(~_~;)

 

f:id:sparetimestudio:20130728231855j:plain

鼈甲に金蒔絵と螺鈿が施されたアンティークの、それにしても豪華な『櫛』を撮像しました。刀装具用に製作した専用機を使っての撮像ですが、被写界深度が狭く、ピントの調整が大変です。

f:id:sparetimestudio:20130728231901j:plain

この分野にはあまり明るくないのですが、刀装具の『鞘』の中にも絢爛な蒔絵が施されたものがあり、蒔絵師の手による作品と考えれば、興味津々。

f:id:sparetimestudio:20130728231858j:plain

手にとって素見しただけではよく見えませんでしたが、高解像度で撮像し画面上で拡大してみると、高蒔絵と螺鈿の葉脈の表現方法の違いや、それぞれの葉の微妙な表情や質感がよくわかります。

f:id:sparetimestudio:20130728231859j:plain

「光遜」と読むのでしょうか。繊細な線で描かれた茎や蔓に溶けこむような、とても控えめな銘に嬉しくなってしまいました。

f:id:sparetimestudio:20130728231900j:plain

 

f:id:sparetimestudio:20130728231856j:plain

意匠・配置・余白の全てがとても上品です。 

(c) Spare Time Studio, All Rights Reserved.